映画天国

アクセスカウンタ

zoom RSS 「愛と青春の旅立ち」を見て感じたこと

<<   作成日時 : 2004/04/15 17:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

久しぶりにDVDを借りて見たが、主演のリチャード・ギアと相手役のデブラ・ウインガーが若かったね。話は有名だから知ってる人が多いと思うけれどリチャード・ギアが海軍訓練所に入っていろいろあった後に無事に卒業すると言うもの。この映画を見ているとなぜかステータスと言う言葉が浮かんできた。アメリカでは軍人はエリートであってそれになるためには上官の厳しい訓練に耐えてやっと手に入れることができるものなのだ。軍人はリスペクトされる存在であってそれを目当てにデブラ・ウインガー扮する女たちが訓練生を狙っている。俗に言う玉の輿と言うやつ。顧みて日本の自衛隊って一体なんだろうという疑問がふと浮かんだ。彼らは果たして国民からリスペクトされる存在だろうかと。べつにここでこんな話を書くつもりはなかったが、日本は中途半端だと思った。考えが上手くまとまらないがこの映画からなぜアメリカがイラクに戦争を仕掛けたか、また、それを国民が支持したのかおぼろげながら分かった気がした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
愛と青春の旅立ち
軍曹さん!鬼かと思いきや、めちゃくちゃいい人じゃん!!感動しました。古きよき時代の、最高の映画ですね、ほんと。卒業式(?)くらいから、感動しちゃって。その前に、お友達の悲しいシーンで、悲しい涙を流した後だったので、卒業式のあの場に、リチャード・ギアがい... ...続きを見る
cube1555.com
2005/08/12 21:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「愛と青春の旅立ち」を見て感じたこと 映画天国/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる